花咲乃庄・磐田市文化村
花咲乃庄・磐田市文化村(はなさかのしょう)

 ★トピックス★

 

 ・1月4日 月曜日 より株式会社を一般社団法人に昇格させ、社会貢献を明確にいたします。

  

 

江戸の文化村 花咲乃庄スタッフブログ

夏メニュー (土, 25 6月 2016)
花咲では夏限定メニューが始まりました   大根おろしと鰹節をたっぷりのせたおろし蕎麦はいかがですか 他にもごまだれうどん、ザラメクリーム金時など夏限定メニューをお楽しみください
>> 続きを読む

ありがとうございました (月, 13 6月 2016)
先日、胡弓と張琴の夕べコンサートが行われました。 出演者は胡弓の王霄峰さん、揚琴の張林さん。そして友情出演のコール・フォルテさんです。 会場はお二人が奏でる澄んだ音色と、コールフォルテの温かい歌声が響き、穏やかな空気に包まれました。 お越しいただいた皆様、そして出演者の皆様とても素敵な時間をありがとうございました。 今後も花咲乃庄では多くのイベントを企画しています。こちらのブログでもご案内させていただきますので是非ご参加ください。
>> 続きを読む


一般社団法人 花咲乃庄(大箸家)の概要

国・登録有形文化財 天保の文化施設・博物館とお食事処の花咲乃庄 市天然記念物天保庭園のドウダンツツジ2株 菖蒲や枯山水の庭園を眺めながらの食事処『そば・茶屋一貫』では、銘酒『男山』の原水で仕上げた「手打ち一・九そば」せいろが味わえます。

静岡県磐田市にある、造り酒屋として栄えた庄屋屋敷は、観光地としても、手打ちそばのお店としてもご利用頂けます!

大箸家は江戸の終わりごろ、現磐田市一貫地で造り酒屋を営み、当主大箸藤次郎は天保初年家督を継ぎ、嘉永二年には庄屋を務めました。又藤次郎は才能も高く、財をなし、浜松藩の旗本や近隣諸村からの飢餓時の郷借願いにも精一杯融資し当地方の金庫番として地域に貢献しました。この思想は金原明善爺の天竜川の治水工事時の協力関係にもなり、孫義子を大箸家 に嫁がすなど金原家とも親密な関係にありました。その後大箸家はいくつかの地域貢献事業に参加し失敗衰退しました。
現在の当主は藤次郎の孫晴康です。彼はホンダでの永年に亘る開発機種の総責任者(ラージプロジェクトリーダー)の経験と企画力を活かし、この貴重な屋敷を整備し、多くの人が古人の知恵に学び、自らの花を咲かせる発展の基礎となることを願い、ここを花咲乃庄と名付け、一般に公開いたしました。尚、花咲乃庄は、現存する建造物7件全てが、国の有形文化財として登録されています。

H25年4月には磐田市天然記念物(文化財)にドウダンツツジ2株が指定されました。

H27年1月一般社団法人とし社会貢献を明確にいたしました。

Edo house museum
“Hanasakano-sho”(Ohashi family)

Ohashi family had managed a brewing company at the end of Edo period at Hamamatsu-han(Ikkanji,Iwata-city at present).
They transferred responsibility for the family Mr.Tojiro Ohashi in the first year of Tenpo(1825~1845)period, and started on a financial business.
He made a big regional contribution as a merchant banker for the government and villagers in the middle of 19 century.
The current owner is Mr.Haruyasu Ohashi,the grandchild of Mr.Tojiro Ohashi.
He used to work for HONDA as a development and project leader for many years and opened this house “hanasakano-sho” with his work experiences.
In hope, many people would come to enjoy and appreciate wisdom of the ancients.
In 2008,7 houses were registered as important tangible cultural heritage of Japan.
In 2013,4 houses were registered as signate the tree(doudantsutsuji) as a precious natural treasure of Iwata-city.

江戸昭和博物館と大箸家調度品のご見学

江戸・昭和博物館は、主屋、2つの蔵(南蔵と東蔵)、天保の庭園それから納屋の見学が可能です。

 

庄屋屋敷

江戸時代から明治、大正にかけての建造物が住宅全体として良く保存されているなどとし、塀や井戸小屋も同時に文化財として認められた「花咲乃庄」は、当時の雰囲気をそのまま今に伝えています。

庄屋:多目的ギャラリー

2階多目的ギャラリーではさまざまなイベント、展示会が開催されています。
当ギャラリーは、文化的なご利用にも場所を提供しておりますので、ご希望の方はお申し出ください。

東蔵:常設館

水野越前守から拝領したと記された杯、NHK開局当時のラジオ、今でも音を出すラッパつき蓄音機や共鳴箱式の蓄音機、家紋入りの船上水筒・・・・。
蔵自体が歴史を感じさせます。


南蔵テーマ館

南蔵は、H21年3月主屋、蔵など7建造物が国の有形文化財に登録されたのを機にテーマ会館に改装致しました。

光明鉄道展他

 

なつかしの生活・玩具館

なつかしの生活・玩具館ではNHK朝ドラで話題の日本初のヌードポスター展示や、昔の暮らしを再現した部屋を見学できます。

2階・・・鉄道模型・玩具館Nゲージ等 

天保の庭園

磐田市の天然記念物(ドウダンツツジ2株)

梅が満開に咲く季節には、忍辱の梅(にんにくのうめ)と枝垂れ梅が、可憐な花をたわわに咲かせます。

初夏には、花菖蒲が見ごろです。


花咲乃庄からのお知らせ

長唄あんきょ三味線 28年6月18日
>> 続きを読む

エスニック衣料品展  5月18日~7月4日
>> 続きを読む

花菖蒲まつり 6月11日(土)
>> 続きを読む

花咲フェア(ゴールデンウィーク) 5月3・4・5日
>> 続きを読む

おしゃれな暮らしのお針箱・5 3月16日(水)~4月18日(月)
>> 続きを読む

第13回 花咲寄席  3月12日
>> 続きを読む

ちりめん細工と干支のお猿たち 27年2月17日~3月14日
>> 続きを読む

招きと感謝展 28年1月3日~2月15日
>> 続きを読む

光と愛のメッセージ展 11月25日~12月27日
>> 続きを読む

秋の装い展 10月28日~11月23日
>> 続きを読む

手打ち一九蕎麦 静岡うなぎ

銘酒『男山』の原水で仕上げた。「手打ち一・九そば」せいろが味わえます。 詳しくはこちらからどうぞ

営業時間・お問い合わせ・アクセス

営業時間:10:00~16:30

休館日 :火曜 ※祝日の場合は営業

お問い合わせ:TEL・FAX 0539-62-2316

住所〒438-0116 静岡県磐田市壱貫地429


▲このページのトップへ